新規会員登録してもっとお得に、もっと便利に! 新規会員募集中です。

トピックパス

ホーム> かまぼこの歴史

かまぼこの歴史

 
 
かまぼこ初登場は平安時代の文献
かまぼこ製品がわが国の歴史に初めて登場するのは平安時代初期。当時の古文書の中に祝いの宴会料理のスケッチがあり、そこにかまぼこが記録されています。実際には、これよりも昔から棒の先に魚肉のすり身を付けて焼いて食べていたようです。このころのかまぼこは図に見られるようなちくわに近いものでした。 日本で生まれたかまぼこ製品は、保存が目的というよりも魚をよりおいしく食べるための画期的な加工技術だったのです。
日本人は、昔から、食に対してどん欲だったのですね。
蒲の穂が名前の由来
かまぼこの形は、今のちくわに似ていました。写真に見られるように植物の蒲の穂によく似ていることから、「がまのほ」と呼ばれていました。また、蒲の穂は鉾(ほこ)のような形だったことから、「蒲」と「鉾」がくっついて「がまほこ」となり、やがて「かまぼこ(蒲鉾)」と呼ばれるようになったと伝えられています。その由来にちなんで、大寅は大阪ならではの焼通しかまぼこの最高級品を「蒲穂子(がまほこ)」と名づけたのです。
全国蒲鉾連合会HPより引用」

インフォメーション