新規会員登録してもっとお得に、もっと便利に! 新規会員募集中です。

トピックパス

ホーム> かまぼこQ&A

かまぼこQ&A

ヘルシーなかまぼこをどんどん食べてぐんぐん健康になる!!
でも、いろいろ聞きたいこともある。よくある質問に丁寧にお答えします。

   
なぜかまぼこは白いの?
     
白身の魚肉だけそのまま蒸したり焼いたりすれば、身の部分は白いですよね。ですから、かまぼこが白いのは全く自然の色なのです。水晒しという工程で魚の肉から血や脂肪を取り除きますので、より美しい白さになるわけです。大昔から一切の添加物とは無関係の白なのです。
   
塩分のとり過ぎにならないの?
塩は味だけでなく独特の弾力を出すために重要な役目をします。製品に含まれている塩分は2%前後で、かまぼこ製品の豊かなたんぱく質が体の塩分調整を促進しますので、とり過ぎになる心配はありません。また、大寅ではミネラルを含む天日塩を使っていますので、ミネラル補給にもなります。
   
なぜ弾力があるの?
かまぼこ製品のあの弾力は、たんぱく質の繊維の絡み合いによるものです。いい弾力を得るためには、鮮度の良い魚を用い、水晒しや練る工程、加熱の工程での技術が物を言います。すべて製造の技によって、魚肉の持てる力を最大限に引き出すのです。弾力増強のための添加物は用いていません。
   
色はどんなものが?
赤や緑などの着色には、何種類科の着色料か野菜などの素材が使われています。着色料には、天然物から採取したものから化学合成で作られたものまでさまざまですが、食品衛生法に基づいて、安全性が確認されているものが使われています。野菜ピューレ、ウニ、卵、抹茶なども彩りに使われます。
   
かまぼこ板はなんのため?
かまぼこが板付きになったのは、安土桃山時代からとされています。作るときに形を整えやすい、持ち運びに便利といった理由のほか、蒸したり冷やしたりするときに余分な水分を吸ってくれるので腐敗防止の効果があります。
   
保存料は?
保存料としては、食品衛生法によって定められた基準に基づいて、ソルビン酸、ソルビン酸カリウムが一般的に用いられている製品があります。
しかし、大寅の製品はそのような保存料は一切使用していません。
きちんとした衛生管理と、出来たての商品をお客様へという、物流のしくみを確立したために、なせる技なのです。
   
日もちのめどは?
製品によって、日もちの長さが異なりますので、製品に表示された保存方法での賞味期限を目安に。温度変化で傷みが早くなります。できる限り安定した10℃以下の冷蔵庫で保存を。切る前に包丁にさっと熱湯をかけて使うと雑菌がつきません。
   
冷凍保存できる?
かまぼこ製品は急速な冷凍を必要とします。一般的に焼ちくわやさつま揚げのように肉が薄いものは急速冷凍しやすいのです。ただし、ご家庭での冷凍はおすすめしておりません。すが入ったり、食感が悪くなったりしますので、そのままお召し上がりになることをおすすめ致します。
   
生で食べられる?
かまぼこ製品は十分な加熱処理がされていますので、安心してそのまま食べられます。大寅の製品は新鮮な魚にこだわり、魚のうま味が凝縮されていますので、たいたり、煮たり、いろいろな調理をされてもおいしく召し上がれます。
   
白身魚と赤身魚、どっちがおいしいかまぼこ製品?
白身魚(スケトウダラ、タイ、ヒラメなど)を使ったかまぼこ製品は味が淡白で弾力があります。赤身魚(アジ、サバ、イワシなど)を使ったものはアジが濃厚でうまみが強いのですが、白身魚のものよりやわらかい食感です。赤身魚にはDHAやEPA、カルシウムが多く含まれています。
   
どんな魚からかまぼこ製品はできる?
鮮度が良い魚ならほとんどの種類から作ることができますが、魚の種類によって、食感や風味にそれぞれ特徴が出ます。明治・大正のころまでは、産地の近海でとれる魚が主でしたが、今では遠洋漁業の発達や消費者の嗜好の多様かもあって、国内外の100種類以上の魚が使われています。大寅では、ハモ、グチ、スケソウタラ、を中心に、いろいろな種類の魚を使用しています。いろいろな種類の魚を組み合わせて使うことで、うま味の相乗効果によってよりおいしくなるのです。

全国蒲鉾連合会HPより引用」

インフォメーション